ブログ

 
フォーム
 
お寺の梁 2
2010-05-21
あれがその後どうなったかといいますと・・・

カシューの艶有りで仕上げました。

艶のあるものを写すのは難しいですね。

これはこの後、更に金箔が施されてお寺に納められるのだそうです。

 

実際出来上がったものを見てみたいものです。

寒冷紗を貼った後、下地用のパテを全体に付けて研ぎ出します。

乾いたら上塗り用パテを塗って、同じように研ぎ出します。

喜んでもらえると思うのですが・・・
 
 http://www.saiing.jp/blog/WindowsLiveWriter/a700190ac813_F99F/2010tera_hasira_10_2.jpg  http://www.saiing.jp/blog/WindowsLiveWriter/a700190ac813_F99F/2010tera_hasira_11_2.jpg
 
 
お寺の梁 1
2010-05-18
珍しい物が入りました。

お寺の梁です。直径30センチ以上あります。
 
 
 
ここに寒冷紗を貼り付けます。割れの防止という意味ですがこれだけ大きい「木」ですと

割れるときの力はもの凄いですから、効くのかは疑問に思いますが、

下地処理には欠かせない工程です。
 
寒冷紗
 
雲が彫られている梁
 
丸柱が2本と雲が彫られているのが1本。
 
寒冷紗が貼られた梁   寒冷紗が貼られた梁2
 
この後はGLパテ(下地用パテ)が付けられ、研ぎ出し。

その後に、仕上げ用のパテが使用されて研ぎだし。
 
4月の塗装教室
2010-05-13
参加は1名でした^^

Hさんは目的がありました。アパートの部屋を自分の手で改装したり綺麗にしています。

今回の参加は、部屋の木の廻り縁などを白く塗りたいけど、なかなかうまくいかないというので

イーゼルを持ってきました。イーゼルを廻り縁に見立ててのことでした。
 
 
 
マンツーマンの指導です。
 
 
 
刷毛についてですが、実はホームセンターなどで買えるのもは、なかなか使いづらいのです。

素人の方ならなおのことです。

書家の筆と同じでプロにも自分に合う、仕事の用途に合う刷毛を求めます。

時には個人で、自分好みの刷毛が欲しくて作ってもらう人さえいるんですよ。

ちなみに、社長が手にしている刷毛は約3000円くらいします。
 
濃い色から薄い色に塗るのはたいへん
 
濃い色を薄い色に塗るのは思ってる以上にたいへんです。下地の濃い色が透けて見えますから

2度、3度乾かしながら塗ることが大事です。

一度で仕上げようと思わないでください。

白でなく違う色に仕上げたいときも、下地に白を塗って乾いてから希望の色を塗ると仕上がりと

色がきれいに出ます。
 
白塗装の一回目
 
一回目は真ん中の足のような状態になって刷毛目も出ますし、塗料の継ぎ足し目も

はっきり見えてしまいます。
 
そろそろ塗りあがって出来上がり
 
後日、本番を迎えます。塗料と刷毛を用意してあげました。

上手くいくよう祈っています。がんばってください。


 



 
 
ペンキ屋さん 友達のはなし12
2010-05-10
GWが終わりましたね。また頑張りましょう。久しぶりに友達のはなしを・・・
 
 
 
実はこう見えても、バレーボールが好きで、ずっとやっています。

中学の時は、なんと!まだ9人制でした。

高校へ入った年にいきなり6人制となって面食らったものです。

27才の時にママさんバレーに誘われて、また9人制です(^^)

5月に誘われて、入ったチームが地区予選突破。県大会でも優勝してしまって全国大会の切符を

手にしました。

まさに、あれよあれよと言う間に東京の代々木体育館へ連れて来てもらいました。8月のことです。

参加チームの中で平均年齢が最も若い(28歳)ということでちょっと注目を浴びて・・・

もちろん子供連れで参加です。大きい子でも小2、私の子は1歳7ヶ月でした。

ブロック3位で銅メダルでした。他のチームから「ここへ来るのがまだちょっと早かったね」と

言われたことも覚えています。

 

『バレーのプレーでのこと。

見ていると本人は気づかないでやっていることって案外多くて、実におもしろおかしい。

Sさんは自分に気合を入れるのに、両太股の外側をパンパン叩いている。

一日に4~5試合するので、大会が終わる頃は腿が真っ赤になっている。

Iさんはホッペを両手でパチパチやっている。

 

自分で気づかないと言えば、高校のときのAさんを思い出してしまう。

新人戦だったと思う。Aさんは緊張していた。

レシーブが得意だったからAさんの最初のポジションはバックセンターだった。

 

最初のサーブレシーブがAさんに来た。

いつもは軽く処理するのにそのときは、まったく足が動かなかったようで、思わず体から

倒れたような、つんのめる感じに見受けられた。

が、なんと男子顔負けの見事なフライングレシーブになった。

応援席からは「おおー」と声が沸きあがった。

 

ベンチからは濡れた床を拭く雑巾が投げ入れらて、Aさんは床を拭いていた。

両チームの選手たち、審判の先生方、まだざわめきが残っている応援席は全て、

彼女の動作を見つめプレーの再開を待っていた。

Aさんは床を拭き終わってベンチへ返すものと思っていたら、その雑巾で自分の顔をゴシゴシと拭いた。

瞬間、会場はシーンとした後すぐに大きな笑い声に包まれた。

 

試合後の彼女は、雑巾で顔を拭いたことを覚えていなかったし、笑い声も覚えていなかった。

極度の緊張のせいだったろう』K

 
 
桜とレンギョウ7の桜
2010-04-18
約1週間遅れでうちの桜が満開になりました。

ずっと気温が上がらず霙さえもあった1週間でした。
 
 
 
今日の日曜日はきれいに晴れました。

気温はまだ低めです。
 
 
 
この土地を求めた当時、もうここに植わっていた大きな桜。

年に一度、このような美しさで目を楽しませてくれます。

 

この辺りの農家は五月の連休を利用して田植えをします。

兼業農家が殆どだから連休を利用してよりも当てにしてですね。

この寒さは苗の生育にも影響があるようで、連休に間に合うか気をもんでいるようです。

 

桜とレンギョウの報告は今年はこれでおしまいです。
<<有限会社 高橋塗装店>> 〒957-0231 新潟県新発田市藤塚浜3121-1 TEL:0254-41-4411 FAX:0254-41-4410